スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調。

Category : 彩紀のまいにち。
先日,34週の妊婦健診に行ってきました。ベビちゃんは順調に育っていました。大きくなってきてから,なかなか顔を見せてくれることがなかったんですが久々にお顔を見せてくれました!ただ,子宮の壁につぶされて奈良のせんとくんみたいな顔になってたよ…(苦笑)。それでも顔だって分かる超音波写真にちょっと感動しました。体重は2467gで標準より1週間くらい大きいみたいだけど標準の範囲との事。今回も女の子でしょうね。と言われました。そろそろ息子のお下がり肌着関係をお洗濯しなきゃと思ってたので連休はお洗濯日和のお天気になってくれることを願います。そして,これまでずっと1日4回飲み続けてきた張り止めの処方を止められました。もうすぐ臨月だし張ってきて当たり前になるんだからということで,今残っているお薬を飲みきったら終了との事。それがまた不安です。薬やめた途端陣痛とか来ないよね??GWとか動きそうな日があるから,家にいて大丈夫そうな日は薬をセーブしてGWに回そうかと思っています。いやぁホントにどうなることやら…。とにかく!ベビちゃんが無事に元気でいてくれたのが一番。早く会いたいけれどあと一ヶ月はお腹に入っててね。


-------------------------------------------------
読了本
-------------------------------------------------
【プリンセス・トヨトミ/万城目 学】
病院へ行った時に,待ち時間に読む本を持って行くのを忘れてしまったので,病院の図書コーナーから借りてきました。その日は途中までしか読めなかったので,失礼して看護師さんにひとこと言ってそのまま次の健診までお借りすることにして家に帰ってきてからじっくり読みました。正直読みづらかった…。なんかね,万城目さんのいつもの摩訶不思議ワールドと若干違う感じ。歴史が絡んできてるんだけど,アタシがあまり詳しくないものでその辺の事実とのシンクロしている部分と創作の部分と,出てくる登場人物の名前のつけられ方とかもピンと来なくて途中で話しについていけなくなってしまう感じがありました。でもまぁ最後の方はひきこまれて一気によんじゃったんだけど,そこに行くまでがなかなか進まなかったです。読み終わった時には,面白かった!と思うよりも,あ~やっと終わった。っていう感想が出てきちゃったのでアタシ的にはイマイチだったのかな。

【大きな木/シェル・シルヴァスタイン】
絵本というか児童書というか。前から気になってた本だったので図書館で借りてみました。無償の愛を描いた本って感じかな。子どもって言うより大人向けな気がしました。村上春樹が訳しているのが話題になってたんだけど,アタシは違う方(ほんだきんいちろう)が訳したものを借りてきました。小さい子では理解は難しいだろうけど,きっと心には残るんじゃないかな。ウチの息子は表紙をみて「りんごー!りんごー!」と叫び中を見ていましたが,読んであげても反応はもちろんなし。1歳だもん。息子にも大人になったらまた読んでもらいたいな。


【気をつけ,礼。/重松 清】
重松さんは,結構好きな作家さんで色々読んでいますがこれは初めて。短編集になっています。すべて学校の先生と生徒の関係を描いたお話。学生時代の話というわけではなくてその後の大人になった生徒との交流も含め。アタシは「泣くな,赤鬼」が一番好きかな。重松さんの本って優しくてジンとくる所が好きです。どのお話も先生を正当化し過ぎてなくて,なんていうか人間っぽい先生がでてきます。短編なのでさらっと読めて,途中で内容に,ん?って感じるとことがあっても読んでみると後味も悪くない。さすが重松さんって感じ。重松さんの長編も久々に読みたいなぁと思いました。


【猫鳴り/沼田まほかる】
う~ん。前回『ユリゴコロ』を読んだ時に,イマイチ引っかかるものがなくて,でも話題になっている作家さんだし嫌いになるにはまだ早い?と上から目線的にな事を考えて,もう1冊くらいは読んでみようと思ってたところに図書館で帰ってきたばかりの本コーナーで文庫本を見つけ借りてみました。前回のユリゴコロ同様,最初から猫を捨てに行くシーンがあり,なんだか嫌だなぁと思って読みはじめました。全体的には「命」について語られているんだけど,リアルな描写が多すぎてちょっと引いてしまう所もあり。最後に解説を読んで,この作家さんって読者に媚びないところが魅力とありました。うん,なんかこの間読んだものそうだけど,最初に嫌なシーンを持ってくるってすごい自信家なのかと思ってたけど,自分の書きたいものを書くっていう作家さんなのね。でも他の作品をまた読むかって聞かれたらたぶん読みません。アタシにはちょっと合わないかもです。
スポンサーサイト

連絡きたー!

Category : 彩紀のまいにち。
以前一緒に勤めていたエリリンが,ダンナさまのお仕事の関係で4月から中国は蘇州へ行っています。まぁあたしたちの仕事の場合,この海外勤務は結構独特なんですが,ダンナさまが赴任する場合に妻は仕事を退職し同行が条件なので,エリリンは今年から3年間特約退職で,あちらではお仕事はしないそう。小学校と保育園の子どもたちも一緒に行っているし,事前に用意されている部屋を見る事もできず,突然中国へ旅立っての生活はじまり。アタシには信じられないなぁ。そんなエリリンから昨日メールが来たのです!!よかった~。ずっと心配してたので元気そうでなによりです。ネット環境は整ったようで,パソコンから連絡をくれました。携帯のメールだとお値段跳ねあがっちゃうみたいなんで。中国って広いし,蘇州って実はアタシは知らない場所だったのでちょっと気になっています。エリリン一家がいる間にぜひとも遊びに行きたいなぁ。ひとまず無事に新生活になじみつつあるようでよかったよかった。いつも友達が海外に赴任になるたびに,絶対いるうちに遊びにいく!って思ってるのに機会を逃してしまうんで,今回こそは!!メグちゃんがいたイタリアにも,ユージがいた香港にも行けなかったもん。蘇州は物価が安いということらしいし,飛行機も仙台から香港直通が出るようなので,わりと行きやすいかもしれないなぁなんて勝手に思っているんだけどね。


【最近のびっくり】
 ウチの前の土地に,セキスイハイムのおうちを建てているのですが,積み木のように箱を重ねてたった1日で外観すっかり完成しました。いやぁ,びっくりだー。たった1日で家建っちゃうんだよ?総二階だからかスゴイ四角くて大きな家なのですけども。


【今日の彩紀+ベビ】 
 お腹は張り気味。薬を服用。トイレが近くなると下っ腹が無駄に痛くなる。頭痛あり。朝からみんなに顔色悪いと言われる。明日から34週のため,胎動カウントをとらなくてはいけないので今日練習してみるかな。ベビは元気に動き回っているけれど,動きが大きく強くゆっくり目になってきている気が…。今日は旦那が仕事のため,土曜日だけど平日と同じリズムの生活。無理しないようにします。


【私信:ともちゃん@千葉】
   ココ見てくれてるかなぁ。ってなわけでエリリンは今,中国蘇州なのですよ。3年後帰ってきたらまたみんなで会おうね~。たまにちーちゃんとともちゃんの近況報告くださいませ。

パンパンです。

Category : 彩紀のまいにち。
 えーっと,なんかかなり頻繁にお腹パンパンになるんですけど!なんでそんなに動いてないのに張ってくるのかね…体質なんだって前に言われたけど薬飲んでるのに。っていうかできれば入院って言われるほどなんだから仕方ないか。それを無理無理自宅安静にしてもらってるくせに普通に生活してるんだから,自業自得です。ベビのために張ってきたらちゃんと休まなきゃね。ママがんばります。

お気に入りのパジャマ 昨日,お風呂上りに息子が突然クローゼットをごそごそし始めて,春夏用の薄いガーゼ生地のパジャマをだしてきました。去年は大きくて着せていなかったんだけどそろそろと思って出しといたのね。そしたら,大好きなてんとう虫が描いてある柄だったから,今これを着なくっちゃダメだ!という感じに泣き始めて…。って嘘泣きでした!!えーん,えーんって目を押さえてるんだけど指の間からこっちを見てて,「あれ?嘘泣き?」って言ったらニヤッってしながらまた「えーん!えーん!」って(笑)。いつのまに嘘泣きなんて覚えたんでしょうか。でもその様子がかわいかったのでまぁいっか。とりあえず薄いのでパジャマの上に羽織らせたら即笑顔に。ニコニコ顔で,写真撮るよ~って言ったらポーズまでつけてくれました。なんだかなぁ。女の子みたいなんですけど大丈夫でしょうか??そして夜にこっそり脱がせてたんですが,朝起きて着ていない事に即気付き,「ママー!パパー!(てんとうむ)しー?(てんとうむ)しー?いっぱい (てんとうむ)しーっ!」と探しはじめ,今度は本泣き(苦笑)。しかたなく服の上からパジャマをはおらせました。なんだかなぁ。とりあえず朝食食べ終わった頃に,汚れちゃったから脱ごうねとうまくだまして脱がせたんですがね。着るものにここまでこだわったの初めてだからびっくりしちゃいました。最近は本当によくおしゃべるもするようになり,今のブームは「イチゴしゃん」「りんごー!」「もも」「トマト」「ポッポちゃん」「トーマス」「パーシー」「ジェームス」などなど。絵本の影響で果物ではイチゴだけなぜか「さん」づけ。大好きなだるまさんの絵本とごあいさつあそびの絵本を言葉足らずながらも自分で読めるようにもなりました(暗記だけどね)。誰かを探すのにハマっているみたいで,そこにいるのを確認してからわざと「マ~マ~!!」とか「パパ~!!」とか口に手を当てて大声で呼んで「あ。いた!」とか「いない いない。」とか言ったりします。ホント日々成長です。今月1歳10カ月になり,身長も84㎝,体重は12kgに。お兄ちゃんになるころには2歳直前。息子を置いて出かける時や断乳の時に効果的だったように,前もって言い聞かせておく手法が彼には合っているようなので,ちゃんと理解はできないかもしれないけど,出産時にママが入院して1週間弱いなくなることも少しづつ話しておかなきゃなぁと思う今日この頃です。

----------------------------------------------------
読了本 : 今回は1日1冊!読みやすかったから?
----------------------------------------------------

【幸福な食卓/瀬尾まいこ】
 以前本屋さんでジャケ買いした文庫本「卵の緒」以来,瀬尾さんは好きな作家さんの一人。読みやすくて軽いんだけど結構グッっとくるとこもあって。今回も図書館で借りてるので帯などがないため,内容は一切分からずに読みはじめたんですが,しょっぱなから「父さんは今日で父さんを辞めようと思う。」という一言から始まるので,え?何?何?どういうこと?と結局ひきこまれてしまって一気読みって感じです。若干最後が切ないっていうか淋しいけどねー。好き嫌いが分かれそうな感じかも,これも。アタシが読むのっていっつもそういう感じのばっかりだなぁ。


【太陽のパスタ 豆のスープ/宮下奈都】
 以前,この作者の本を読んだ時いいなぁと思ったのに,前回「誰かが足りない」でイマイチな感じだったのでどうしようかなーと思いつつ,期待を込めて違う本を読んでみました。うん,これは割とよかったかも。タイトルからはどういう話しなのかさっぱり見当がつきませんが,「食」が絡んでくるのだろうかという予想はまぁ的中。婚約破棄された主人公が自分自身を取り戻していくって感じのお話。ちょっと理解できない感じのところもあったんだけど,読みやすかったかな。やっぱり「スコーレNO4」借りてみようかな。



【おしまいのデート/瀬尾まいこ】
 もう一冊も瀬尾さんの本。これは短編集になっています。5編。個人的にはその中で『ランクアップ丼』が一番よかったかな。ホロリときてしまいました。表題作のおしまいのデートではなく,表紙の絵がどんぶりになっているのでこれがメインのお話と作者も思っているのかも?とか思ってみたり。でも本のタイトルで言ったら『ランクアップ丼』より『おしまいのデート』の方が売れそうだもんね。短編だし軽い感じで読めるので,何か読みたいんだけど長いのはちょっと…さらっと読めるのがいいなぁという方にはお勧めです。



これで2012年の読了本は31冊に!
それ以外にもマンガや雑誌,教育書的なのも読んではいるんですがね…。
出産までだろうから,それまで読書を楽しみまーす。

なんにもない一日もまた大切な一日。

Category : 彩紀のまいにち。
 1日がすごく長く感じたり,あっという間だったり,大したことはなんにもしていないのにそのギャップで疲れてしまう日が最近多いのです。なんでだろう。妊娠のせいなのかしら?おかげさまで9ヶ月に入ったのですが,トイレがめちゃめちゃ近くなってきました。1時間に1回以上は必ずって感じで夜も何度も起きなくちゃいけないので,それも疲れちゃう原因の一つなのかも?
 それはさておき,今月10日に健診があってベビちゃんは2048gになっていました。ちなみにママは体重+6キロ。最近甘いものが無性に食べたくなったりしてるので気をつけなければ…。標準よりちょっと大き目ちゃんらしいです。1週間くらい成長が早いみたい。息子の時よりは大きくないんだけど,今度は女の子みたいなのでその分差し引いてって感じなのかな?先日は職場から電話があって,育休から再び産休へ切り替わって辞令が出ていますっていわれました。なんか変な感じー。まぁありがたくお休みさせていただきたいと思います。そして相変わらず読書をしています。出産まであと何冊読めるかな??
 まぁなんにもない日こそが大事な一日なんだよね,と思って過ごすことにします。

------------------------------------------
読了本
------------------------------------------
【メリーゴーランド/荻原 浩】
これの前に読んだのが「おもてなし課」で,偶然にも若干似ている感じのお話のような気が…。あちらは県庁,こちらは市役所。でも断然おもてなし課の方が好きです。この作家さんも初めての方。他の読みたかった作品が貸し出し中だったため,こちらを借りて読んでみました。アタシ的にはイマイチ,グッと来るものがなかったんだけどまぁ最後までそれなりに面白く読んだかな。どうしてもこれの前に読んだのとダブってきちゃって面白みに欠けたっていうのもあるのかもです。いつものようにとりあえずこの方の他の作品も読んでみようかな。


【かもめ食堂/群 ようこ】
これも先日の「食堂かたつむり」とカブる感じがしないでもないんですが,映画が気になってたのでタイトルを見つけて借りてみました。あっという間に読み終わったよ。映画で小林聡美と片桐はいり,もたいまさこ,というキャストでの作品だと知っていたのでなんだかそれぞれキャストを想像しながら読んじゃいました。この3人だけでも面白そうだけど,すごく合っている気がするなぁ。この「かもめ食堂」は実際にヘルシンキにあるのだそうで,ちょっと気になるところです。映画を観た方が楽しめる小説というコメントをよく見かけていたので,やっぱり一度DVD借りてみようかなと思ってます。


【動機/横山 秀夫】
以前職場の先輩に「第3の時効」を借りてから自分では絶対手に取らない感じなのに,読むとハマってしまう作家さんの一人。今回も図書館でチラっと見つけてなんだか気になっちゃったので借りてきました。4つの短編集になってるんですが,いやいやどーしてどれも面白かった!!グイグイひきこまれてあっという間に読み終わっちゃいました。表題作の「動機」がアタシ的には一番面白かったかな。他のも秀逸!オススメです。

予防接種。

Category : 彩紀のまいにち。
病院通いが続いていたため,2月からどんどん長引いていた予防接種をやっと受ける事ができました!これであとはポリオを残すのみ。24日のポリオが終わればしばらくは予防接種なしなので安心。で!今日予防接種後に30分待合室で待つように言われ,待っていた所看護師さんに母子手帳をお返ししますと呼ばれ,息子を抱いたまま看護師さんと話していると,「カリカリッ」という音が聞こえてきて「ん?」と思って後ろ向きになっていた息子の方を見ると「おっとっと」を食べている!!え~~~っっ!!!びっくりしました。知らないお母さんが,自分の息子を通して食べかけのおっとっとをウチの息子に食べさせているではないですかっ!ショック~。だって病院だよ?しかも待合室にはぐったりしている子もいるし,鼻水の子もいたし。咳をしている子だっていたのに,そんな中そのお菓子をくれた子は床に手をついて遊んでいたし…。絵本もおもちゃもウチの子からすべて取り返して行った子だったので,きっとおかあさんは申し訳ないと思ってお菓子をくれたとは思うんだけど,それは帰ってありがた迷惑なんですけど…。アタシが気にしすぎなのかな?でも病院しかも小児科の待合室で素手で食べかけのおっとっとを何の断りもなく他人の子に食べさせるってアリ??先日,確実に小児科にて嘔吐下痢症をうつされたと思ってたから敏感になり過ぎなのかしら?あー嫌だなぁ。その後丁重にお菓子はお断りしたんだけど,なんか反対にすごい嫌な顔されちゃうし…。まっ,忘れよ。週末ちょっと買い物に行きたいなぁ…無理かなぁ…。


--------------------------------
 読了本
--------------------------------
【県庁おもてなし課/有川 浩】
ブクログの大賞に選ばれていたのと,前から気になっていた作家さんだったので予約して借りました。本の表紙的に好みじゃないので他に評判を聞いていなかったらジャケ借りとかはしないタイプの本でしたが,借りて正解。面白かったです。公務員のお役所仕事,公務員的時間の感覚とかすごくよくわかるなぁ。アタシも約7年一般企業に勤めてからの転職組なので,最初のころなんでみんないちいち堅いんだろうなぁとか,何この変なシステムと思ったことや山程でしたから。でも公務員だからってのに限られる事じゃないのが事実。実際には全員がそういう人なわけでもないのでね。もしかしたら賛同と批判を一気に受けちゃう感じなのでは?と思ってみたり。アタシは初めての有川作品だったので,他のも読んでみようかなぁという気になりましたけど。

あっという間に4月ですね。

Category : 彩紀のまいにち。
相変わらずの読書生活をしています。家族みんなで体調を崩してしまい大変な毎日を送っていましたが,現在は旦那のウイルス性胃腸炎の完治を待つのみとなりました。ホッ。明日は2月から延期に延期となっていた息子の予防接種があって,来週はアタシの健診とまだまだ病院にはお世話になりそうですががんばります!おかげさまで,次の日曜日で9ヶ月に入ります。早いなぁ。胎盤下がり気味とか言われてるし,二人目だしでもしかしたら6月3日の予定日を待たずに5月に産まれるかも?と思うと本当にあと少しなので,残りの妊婦生活をのんびり楽しみたいと思います!


--------------------------------------
 読了本
--------------------------------------
【舟を編む/三浦 しをん】
三浦しをんが好きなのでとりあえず読んでみました。うん,面白かったー。辞書作りの現場が舞台。そんなの面白いのかしら?と思いつつものめり込んで読んじゃいました。アタシ自身辞書に対して何も思い入れがなく,最近では分からない言葉は,辞書を引くよりネットで検索しちゃうことの方が多くなっちゃってるけど,物語の中の辞書を作っている過程がすごく魅力的でなんかいいです。辞書ひこうかなって気になってきちゃう感じ。舟を編むっていうタイトルを見て,何のことかわからなかったけど最終的に納得。三浦しをんやっぱ好きだなぁ。


【八日目の蝉/角田 光代】
ドラマ化,映画化されていたので読むのどうしようとか思ったんだけど,幸いどちらも目にしておらず,テレビなどのニュースで主要どころキャストくらいしか分からなかったし,映画賞そうなめにしているのであれば原作もいいハズ!と読んでみました。不倫した相手の子どもを誘拐して逃げるというストーリーも知ってはいて,それってどうなの?バカな女だなぁとか思って読みはじめたんだけど,その状況や気持ちに賛同できないし,理解もできない部分が多いのに,なんだかじんと来ちゃうところもあったりして涙腺も緩んじゃう感じでした。不思議。それは誘拐犯である希和子がどこまでも母親の気持ちだからなんだろうなぁと。自分が母親であることで共感できた部分があったのかも。読み終わってからキャストなどをネットで検索。NHKドラマと映画,なかなか面白そうな感じ。映画は原作と結末が違うらしいので,ちょっと見てみようかなと思ってみたりです。

【食堂かたつむり/小川 糸】
これもすでに映画化されていたよね。以前本屋さんでこの食堂かたつむりの映画なのかな?に出てきた料理を実際に本になっているやつを見かけて,すごくおいしそうで気になってたので原作の方を読んでみる事に。実際に色々料理が出てくるんだけど,結構オシャレ料理すぎてアタシにとっては非現実的な感じだったかな。ザクロカレーってウマイのかしら?物語自体もおしゃれ感を出したかったのかそういう感じなんだけどそうでもなくて(表現するのが難しいんですが),難しくもないし,さらさらと気付いたらあっという間に読み終わっている感じです。ネタバレしちゃいますが,アタシは飼い豚のエルメスちゃんを食べちゃうのと,クレームをつけに来たおじさんが毛を入れるっていうくだりがどうしても嫌でした。最後のお母さんとのくだりは割と良かった気もするけど,他の作品を読む気にはなれない感じの作家さんでしたー。残念。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。