スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

順調に進んでいます。読書が。

Category :
-----------------------------
 読了本
-----------------------------

【くちびるに歌を/中田 永一】
長崎県の五島列島というところの中学校の合唱部を舞台にしたお話。アタシも高校時代合唱部だったのでなんか親近感がわきました。Nコンの課題曲もアンジェラアキの「拝啓十五の君へ」をそのまま描かれていたし,中学生の感情がストレートに出ててなんだかすんなりスムーズに読めました。この作者,中田永一さんって乙一さんの別名義だとか。すっごい意外~。乙さんは夏と花火と~くらいしか読んだことはなかったんだけど作風が違う作品を書く時に別名義を使っているらしいです。乙一さんの作品だったら手に取らなかったかも…と思うとその作戦は成功なのかも。残念だったのはコンクールの自由曲をみんなで作詞したくだりがあったんですが,その内容が全然明かされていなかったこと。あえて明かさなかったのかもしれないけど,ちょっと気になりましたー。本屋さんが押している「中田永一」なのでこっちの名義の作品を他も読んでみようかなと思います。

【本日は大安なり/辻村 深月】
ブクログかなんかのランキングで上位に入っていたのを見て読んでみました。あとで調べてみたらコレもドラマ化されていたんですね。知らなかった…。NHKのドラマってなかなか見ないものでこの間の四十九日のレシピ同様全然気付かなかったです。物語はある高級ホテルの結婚式場を舞台に4つの結婚式が行われるんですがそれぞれにワケ有りエピソードって感じですかね。語り手が変わって話が進んでいくのでそれぞれの気持ちの変化とか分かりやすかったし,まぁ共感できない登場人物もいたんだけどなかなか面白かったです。個人的には双子のお話がよかったかなぁ。辻村さんの作品は以前図書館でジャケ借りした「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」以来。あっちよりは断然好きです。この作家さんも意外と面白そうなので他のも読んでみようかな。
スポンサーサイト

ここ最近の読了。

Category :
最近また数冊,読了しております。
おんぶの時とか隙間時間を見つけて少しづつ読んでるんだけど,
やっぱ小説とかだと一気に読んじゃうから早いかも。

まずは…こちら。

【 やめないよ/三浦知良 】


予告通り読んでました。うん,カズはやっぱりすごいやー。キングだね。キング。
自己管理がすごくしっかりしててサッカー選手だけじゃなく,スポーツ選手の鏡です。
試合に出られなくても腐ることなく,モチベーションのあげ方っていうか
高く持ち続ける方法を自分で知っているんだなぁって感心しました。
日経新聞に掲載されていたものがまとめられているので,
見開き1ページが一つの読み物的な感じに仕上がっているので読みやすいです。
やめないよ。なんて軽い感じか?と思ったけどいやいやそんなことはなく。
本当にサッカー愛してるんだなぁって思いました。生涯現役是非頑張ってほしいです。

------------------------------------------------------------------------------

【 マスカレード・ホテル/東野圭吾 】

この間実家に帰った時に,父を本屋さんに連れて行ったら
何か一冊買ってくれるっていうので,値段が高いので自分じゃ買わないハードカバーの新刊を(笑)。
新作ってすぐに読むことなかなかないので楽しんで読ませてもらいました。
これも読みやすくってあっという間に読み切っちゃった感じ。
東野圭吾のシリーズでいうと,形式っていうか書き方?っていうか,
ドラマにするなら新参者っぽい作りな感じ?
説明が難しいんだけど,色々容疑者臭い人々が出てきて,でも違う。
最終的には,あぁあそこでつながってたのね!みたいな。分かるかな。
ドラマの新参者ってそういう感じだったよね?
中に挟まっていたチラシのような紙に,加賀(新参者シリーズね),湯川(ガリレオシリーズね),
そしてニューヒーロー登場。って書いてあったから,今後これもシリーズ化していくのかも?
でもすごくドラマとか映画にしやすそうな感じではありました,うん。映像化絶対なるな。
意外と酷評している人も多いようでしたが,アタシは割と好きかな。
ほぼ2日で読み切りました。購入している本ですので,読みたい方貸しますよー。

------------------------------------------------------------------------------

【 ダイイング・アイ/東野圭吾 】

こっちは旦那が買ってもらった本。
義理の父で遠慮したのか文庫本でした(笑)。
マスカレードホテルを読んだ後に読んだので,楽しみにしてたんですが…怖い!
これいろいろな意味で怖いです。非現実的だったりするところも多いんだけどそれがまた怖い。
最終的にタイトルの意味が分かるんだけど,東野圭吾はタイトルの付け方がうまいよね。
内容は王道の東野作品が好きな人はイマイチなのかもしれないと思います。
アタシ的にも,エロシーンが多いのと怖いのが印象に残っちゃって…。
おもしろいというか,ひきつけられてついつい読んじゃう作品だとは思いますが
夜中にひとりで読むのは怖いです。
安全運転に気をつけないとね…と心から思わされましたー(ネタバレ?)。

------------------------------------------------------------------------------

読書意欲がわいてきています。
何かまた時間を見つけて読みたいなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。